成功するための店舗造りには「しっかりとしたプラン」が必要です。業種が変わっても、基本的なプラン内容は共通です。「コンセプト+ニーズ」がマッチングするように検討しましょう。

Advice for store planning

すべてに関わる「店舗のコンセプト」の基本項目

「どんな商品、サービス」を「どんな方法」で「どんな人たちに」が最低限確認したい基本項目。これらは店舗デザインのみならず出店後の方針にも関わりますので必ずお考えを何度も見直しまとめることをお勧めします。
 市場のニーズがどれくらいか?競合はどれくらい?こんなことをリサーチしながら「出店コンセプトに独自性」つまり「お店の個性」を見出しましょう。
 下記の内容は最低限の項目です。業種、立地によってはさらに細かい部分まで考える必要があるでしょう。
必要であれば、ご依頼者様には適切なアドバイス等いたしますのでお気軽にご相談下さい。

あなたのお店の「売り」を作る
単に商品を販売するのではなく「一番の強み」つまり「名物・自身のある商品」を立てておく。 独自性の看板商品を見つけ出す事ができれば店舗イメージにも反映されます。インパクトのある強い商品、店舗デザイン。普通の商品と普通の店舗。より顧客に訴えることが出来るのはどちらかと言うことです。
「販売方法」を明確にする
物販店でしたら販売方法、飲食店でしたらセルフサービスなのかフルサービスするのか?などのように想定します。名物商品にオリジナルサービスがあればよりグッドですね。これらは店舗レイアウトの基本になります。
「ターゲット」にあわせたプランにする
大人・ヤング・ファミリー・サラリーマン・カップル等ターゲットにより、出店立地・客単価・回転率営業時間設定が変わります。 店舗デザインはもとより、当然経営収支の重要な要素になりますので充分考慮しましょう。 これらは最低限の項目です。業種、立地によってはさらに細かい部分まで考える必要があるでしょう。必要であれば、ご依頼者様には適切なアドバイス等いたしますのでお気軽にご相談下さい。

店舗のデザインはこう考える

 店舗は売り上げを上げるための装置です。そしてその「店舗のデザイン」はあなたの商品やサービスをより演出し、少なからず集客効果や売り上げにも影響します。ただ店舗のデザイン造作費用に対する売り上げ効果は単純に計算出来るものではありませんので「費用対効果」を十分考えましょう。
思い浮かべた「店舗のデザイン」と「心の籠ったサービスと商品」がお互いが効果的に働き、顧客に「お店のイメージ」を印象づけられるように考えると良いでしょう。その上で「夢・想い」をどこまで具現するかにより「投資額」の目安を決めて下さい。
 少々難しいかもしれませんが、設計者として手がけたお店が「結果を出す」ことは何よりの喜びであり励みでもあります。お手伝いは致しますのでご安心下さい。 コンセプト、デザインがまとまったら実質的な「店舗創り」をスタート出来ます。

店舗の現実的な事柄、立地・予算などを考える

余裕を持った開店時期の設定
物件捜し・設計期間・施工期間・オープン準備等トータルなスケジュールを考慮して極端に無理な設定はやめましょう。
プランに合わせた店舗立地を選ぶ
商店街・住宅地・郊外立地等また駐車場の有無等ターゲットにより充分検討しましょう。
予算に合わせて工事金額を見直す
工事金額を安くする方法は一般的に大きく2種類あります。
デザイン・設計の費用を調整する
当然グレードの高い店舗ですと、工事金額は上がります。こだわりの内容により仕様を検討・調整します。 さらにローコストにするには中古品や自分達で制作できる事はやってしまうことも検討しましょう。 資金の不足分は借り入れの検討や部分的(例えば飲食店の厨房器具等)にリースにする等による投資コストダウンも検討しましょう。
施工業者を比較検討する
当然同じ設計図面で見積もりしても定価はありませんので施工業者によって、かなり金額がの差が出る場合もあります。 数社に見積もり依頼をして良く検討しましょう。 その時に注意しないといけないのは単純に安いだけでなく、その工事内容に実績があるかどうか?です。 特に飲食店舗等ですと設備がかなりの比重をしめますので、充分な実績のある業者さんでないと後々のことも心配です。 打ち合わせ段階で良く見極めましょう。
全く新規に店を創りますか?それとも居抜き物件を改装してコストを抑えますか?
スケルトン物件(壁・天井その他造作が基本的に無い状態の物件)で「新規」にお店を計画すると大きな費用がかかります。 予算に余裕の無い場合や希望に近い物件があった場合には、既存をできるだけ利用する事によりかなりコストが抑えられる「居抜き物件」も考えてみましょう。 その他に飲食店では見かけの仕上げ費用より設備費用が大きくなります。 空調・給排気・給排水・ガス・電気・防災設備等が思ったより高い見積もりが出てきて驚かれる方は多いです。 注意点として設備費用を安価に済ました結果、竣工後に変更する場合はもっと費用がかかる場合があります。 これだけでも確実に押さえておくだけでもスムーズに進められるはずです。 他にも「これはどうしよう?一般的にどうなの?」と思われる事や、状況によってさらに知っておかなければならない事柄など出てきます。 そんな時は迷わず当社にお問い合わせ下さい。発注前段階でお悩みの場合は当社でも無料にてご相談承ります。
メリット
デメリット
新規店舗物件(スケルトン物件)

メリット

  • ゼロからのスタートなのでコンセプトを反映させた店造りができる。

デメリット

  • コストがかかる。
  • 退店時にも現状回復としての費用がかかる。
居抜き物件

メリット

  • 内装・設備等工事費用全体が抑えられる。
  • 工期が少なくなり素早い開業ができる。

デメリット

  • レイアウトに制約がある。想定した内容に近い物件はなかなか出てこない。
  • 既存の設備にある程度年数が経過していると問題が出てくる場合がある。